トラックドライバー

トラックドライバーの中にも多くの種類の仕事があり、それぞれの仕事内容や運転する車の種類によって必要な資格はさまざまです。ここでは、トラックドライバーの仕事の種類や資格を含めたトラックドライバーの適性についてお伝えします。

トラックドライバーの仕事の種類

トラックドライバーは使用する車両の大きさによって、仕事の内容に違いがあります。小さなサイズの車両を使用する場合は、軽貨物運送ドライバーや小型トラックドライバーの仕事が存在します。軽貨物配送ドライバ…

Continue Reading

トラックドライバーに必要な資格とは

トラックドライバーとして働くための必須資格が普通自動車運転免許です。この資格を保有していることで車両の総重量が5トン未満のトラックは運転することが可能になります。しかし、会社によっては5トン以上あ…

Continue Reading

トラックドライバーに向いている人とは

トラックドライバーは移動距離が長いことも多いです。運転の時間が長い分、事故に遭遇する可能性も高いでしょう。乗用車よりも車体が長いことも事故が起きやすいポイントです。そのため他のドライバーよりも注意…

Continue Reading

バスやタクシードライバー

バスやタクシードライバーなどお客さんを乗せる仕事で、必要になる資格や適性はどんなものがあるでしょうか。ここでは、バスやタクシードライバーとして働くために必要な条件とあわせて、働く上でのメリットやデメリットをお伝えします。

バスやタクシードライバーに必要な資格とは

バスドライバーには主に4つの種類がありますが、このうち路線バスドライバーと観光バスドライバー、高速バスドライバーについては必要な資格は同じです。残りの送迎バスドライバーに関しては必要な資格が異なる…

Continue Reading

バスやタクシードライバーに向いている人とは

バスやタクシーのドライバーは運転するのが仕事であるため、座りっぱなしの作業が多いです。そのため体力が低くても働けるのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、場合によっては長時間の運転も必要…

Continue Reading

バスやタクシードライバーとして働くメリットとデメリット

【バス】決められた時間に、決められたルートを。

バスドライバーは、毎日決められたルートを決められた時間で走行する仕事であるため、基本的に“残業“というものがありません。家族との時間をゆっくり過ごしたり、趣味を楽しんだりなど、プライベートの予定が立てやすく、リフレッシュがしやすい環境です。さらに、バスドライバーは基本的に1人で仕事をするので、他の仕事に比べると職場の上司や先輩、同僚など人間関係のストレスも激減します。運転する際に必要な大型二種運転免許は誰にもが持っている資格ではなく、専門職としての価値も高いので、高齢化が進み、人手不足が続いているバス業界においては重宝される資格ともいえるでしょう。 デメリットとして挙げられるのは、シフトが運転士特有であることです。勤務形態が特殊なため、友人と予定を合わせたりなどは多少難しいこともあり、飲酒も翌日の勤務に支障がない日を選ばなければならないので、自由に使える時間の中でも制限はある程度あります。

【タクシー】融通がきく環境の中で、自分のペースで。

最大のメリットは自由度の高さです。1日の最初と最後に営業所に寄る以外は、決められた時間の中で自分のペースで仕事をすることができるので、制限やルールに縛られずに業務を行うことができます。一般的に「丸1日働いて、翌日丸1日休む」という勤務形態であるため、1ヶ月の休日が多いこともメリットに挙げられます。そして、お客様の乗車中は接客業務があるものの、基本的には1人の時間がほとんどなので人間関係のストレスに悩まされることも少なく、個人行動が好きな方にはぴったりの職種であるといえます。 給与は歩合制であることがほとんどなので、仕事の成果、つまりお客様の乗車回数や走行距離によって毎月給与が変動します。頑張った分だけ稼げるというメリットでもありますが、稼げずに苦労するというデメリットとも隣り合わせでもありますね。不規則な勤務なので、しっかり休憩・休息を取り、交通事故にも常に備えなければいけません。